Chamonixより通信 vol4

Posted by on 8月 22, 2012 in blog(山のvoice) | 2 Comments

34℃。街ではウダる暑さ。日中日射のあるルートに取付くとトカゲのごとく焦げでしまう?そんな感じです。ここには見上げるほど大きな壁があります、シャモニから見上げると針峰群が空を突いています。

その中の一つ 「Aiguille des GRAND CHARMOZ」 West Face   CORDIER PILLAR  TD 6b

標高差600mの登攀 20数ピッチに及ぶロング・マルチ。眼下に広がる氷河、気温上昇による轟音と共にナンチョン氷河に落下してく巨大な落石にアゴがはずれあたりません様にと願うしかない環境。 そんな中、大きな壁、見上げる壁と空に向かってザイルをひきリードしました。岩を見てトポをにらみ、先人がつけた弱点をついたルート取りを感じられる様に・・・ただ登れることが・・わたしはうれしいのです。 充実した夏の日・・・ 忘れない登攀

山に

謙虚に 誠実に。 これからも 凛として・・

 

 

2 Comments

  1. Hiro
    2012年8月28日

    こんにちは。偶然HPを閲覧し、コルディエルートの素晴らしいクライミング写真を拝見しました。3年前の夏にシャモニガイドとグランシャルモ~グレポンを登った帰りに見上げましたが、その時のクライマーは午後3時ころまだ下部岸壁の1/3程度のところで、苦労しているようでした。ルートの素晴らしさをその時に聞きましたが、アップの写真で改めてルートの素晴らしさを知りました。これからも素晴らしいクライミングシーンを楽しみにしています。御活躍ください。

    Reply
    • Yasu
      2012年8月31日

      イワホリ様、山とルートでつながり合うことに、山の素晴らしさを感じたコメントでした、コメントありがとうございます。これからも山でつながりを持てたら幸いです。!

      Reply

Leave a Reply / コメント